S 5e4401abd24a1ec9acd4159946f33876 「何を言っているか」より「誰が言っているか」第一版

http://www.kayac.com/vision/styl...
を文字って作りました。

------------

「何を言っているか」より「誰が言っているか」

これは「カヤックスタイル」からインスパイアされて作ったキーワード。

マインディアの創業者2人が学生時代からの友人であったこと。
創業以来積極的に行いつづけてきた主観辞典の追及。
マインディアの成り立ちと歩みは、すべてこの考え方で貫かれている。

マインディアが何より大事にしているのは、「主観」のチカラ。
信じられる仲間、刺激し合える仲間の言葉であれば、
その言葉は放っておいても面白いものになっていく。
そもそも誰も見たことのない、新しい理解が欲しいのだから。
「何を」が最初からはっきり見えてるわけがない。
「誰が」がワクワクできるものならば、
「何を」も絶対ワクワクできるものになる。そう信じている。

この考え方にうなずける人は、きっと個人戦よりチーム戦が好きな人。
自分一人が理解するよりも、信頼している人々と情報を共有し、
その人達に「俺(私)ってすごくない?」「確かにあんたすごいよ」とお互い尊敬したいし、尊敬されたい。
そんな感覚を理解できる人。
マインディアは、そんな人と喜びを共有できるメディアでありたい。

メディアにおいては、権威者の情報以外信じないという人もいる。
けれどマインディアは、一緒に考えながらものを理解する人のメディアでありたい。
このスタイルを、マインディア社員やサービス利用者はもちろん、取引先や株主であっても、法人レベルで実践していく。

自分の理解に自信と責任をもつ:


では、その「誰が言っているのか」をどう決めるか。
残念ながら、そこに正解はない。
ただひとつ言えるのは、自分の書いた言葉に責任を負う者同士でないかぎり、
本当の信頼関係は結べないということ。
「他にもっと正しい理解があるかもしれないが、あなたと理解を共有したいからあなたを選択する。
仮にその理解が正しくなくても、お互いを選んだのだからとことん修正していきましょう。
お互いがんばって、そこより正しい理解になればすむのだから。」
そんな覚悟が必要。
自分で書いた言葉なのだから全てにおいて自分自身に責任がある。
そう覚悟できる人同士であれば、きっとその覚悟にふさわしい理解が得られるはず。

変わり続けること:

でもこのキーワード。
「浅はかな知識をひたすらかけばいい」という意味ではない。
それだといつまでたっても可能性は広がらない。
理解を深めて改編していくことで、一緒に理解する“誰か”がどんどん広がっていく。
毎年毎年自分の理解が変わって、
去年はわからなかったことを、今年はこの人のおかげで理解できた。
そんなふうに変わっていく。

------------
いかがでしょう。
マインディアの良さが伝わる気もするし、
逆に敷居を上げてる気もするし、
そもそも当て込みに無理がある気もします。

それも皆様の意見を取り入れ
「「何を言っているか」より「誰が言っているか」」
というキーワードを更新していこうと思います。
旧バージョンで表示
S 5e4401abd24a1ec9acd4159946f33876

関西大学総合情報学部2007年卒。 卒業後「非同期」「主観事典」をテーマにした会社設立。パンデイロやvimなどの打楽器が好き。 Backbone.js 千利休 木村蒹葭堂

(9773words)

最新

    最新エントリ