S b953c14c80d01b0921279dedf6b9db80 株式会社

世界最初の株式会社は、1600年のイギリス・東インド会社である。これは当時の航海が極めて危険であったことによる。

1521年のマゼラン世界一周では、出航した235名中、世界一周を果たし、生還したのはわずか18名だった(Wikipediaによる)。生存確率は10%も満たず、航海に出ることは、ほとんど博打だった(「大航海時代」参照)。

アジアへの航海が成功すれば、貿易により莫大な富を得ることができたが、一人の封建領主・地主・金持ちが航海の資金援助をするには、あまりにもリスクが大きすぎた。そこで、リスクを回避するために、みんなで少しずつ出資することにした。それが「株式会社」である。

みんなで出資することにより、所有権・儲けが分散してしまうが、リスクは出資額を上限(有限責任)とすることができた。

今日ある制度というものは、このように、必然から生まれてきた(必然がなければ、わざわざこのような制度は作らない)。
旧バージョンで表示 ググる ウィキペる 図書る アマゾる つべる ニコる ヤフオクる 英辞る ツイーターで探す

もしかして

    他の人の「株式会社」

    S b953c14c80d01b0921279dedf6b9db80

    Future Center/R&D/Knowledge Management/Wiki/EGMフォーラム/読書家/思想家/語り部/探検家/歴史/作家志望/ 時々仮説・持論を独白します。突っ込み歓迎。

    最新

      最新エントリ

        関連ツイート