S b953c14c80d01b0921279dedf6b9db80 ピーター・ドラッカー

本名、Peter Ferdinand Drucker。ハンガリー・オーストリア帝国時代のウィーンに生まれる。1909年生まれ2005年没。

日経新聞の私の履歴書によると、「私には引退という言葉はない」と述べており、まさに晩年まで現役として活躍した。

ドラッカーが体系化したもの・ドラッカーによる造語

一般的には、マネジメントの発明家と呼ばれるが、本人は「社会生態学者」と自認している。ドラッカーが体系化したもの、ドラッカーの造語には次のようなものがある。

体系化

・マネジメント
・イノベーション
・技術史・イノベーション史
・社会主義・・ナチスへの洞察、”米国こそ史上初の社会主義国家である。”
・知識労働者・知識社会(ナレッジマネジメント)
・起業家・NPO

造語

・分権化・・「会社という概念」
・経営コンサルタント・・マッキンゼーへの助言
・民営化・・「断絶の時代」

交流のあった人物

多彩な人脈に圧倒される。少年期の交流は、父アドルフが財務省高官であったため、自宅が政治家・学者・銀行家たちのサロンとなっていたためである。

オーストリア時代(1909~1927)

・トマーシュ・マサリク(1850-1937)チェコスロバキア初代大統領
・ジークムント・フロイト(1856-1939)精神分析学者
・ヨーゼフ・シュンペーター(1883-1950)経済学者
・カール・ポランニー(1886-1964) 経済人類学創設、マイケル・ポランニーの兄
・ヤン・マサリク(1886-1948) チェコ亡命政府外務大臣
・フリードリヒ・フォン・ハイエク(1899-1992)経済学者

ドイツ時代(1927~1933)

・アドルフ・ヒトラー(1889-1945)ナチスドイツ総統
・ヨーゼフ・ゲッベルス(1897-1945)ナチスドイツ首相

イギリス時代(1933-1937)

・ジョン・メイナード・ケインズ(1883-1946)経済学者、講義を聴く

アメリカ時代(1937-2005)

・アルフレッド・スローン(1875-1966)GM社長、事業部製、計画的陳腐化
・ドナルドソン・ブラウン(1885-1965) GM副社長、ROIを導入
・ルートヴィヒ・フォン・ミーゼス(1881-1973)経済学者、NY大学教授
・エドワーズ・デミング(1900-1993)NY大学教授、品質管理
・マービン・バウワー(1903-2003)マッキンゼー
・ヘンリー・フォード二世(1917-1987)フォード社長
・ジャック・ウェルチ(1935-)GE CEO
・アンドルー・グローヴ(1936-)インテル共同創業者

知日派

知日派としても知られる。

日本画


1933年ロンドンで開催されていた日本画展で日本画に魅せられ、日本画を収集していた。後にクレアモント大学では日本画の講義を受け持っていた。

1959年初来日は、日本事務能率協会からの招待だったが、日本画見たさという動機からでもあった。

交流のあった日本人

・立石一真(1900-1991)オムロン創業者
・小林宏治(1907-1996)NEC社長
・盛田昭夫(1921-1999) ソニー共同創業者
・中内功(1922-2005) ダイエー創業者
・伊藤雅俊(1924-) イトーヨーカ堂創業者

ドラッカーの著作の日本語訳を手がける上田惇生とは親交は深い。晩年の「はじめて読むドラッカー」4部作は、上田がプロデュースに参加しており、日本で最初に出版された。


略歴

1909年、オーストリア・ウィーン生まれ
1927年、ドイツ・ハンブルグへ、後にフランクフルトへ(1929年)
1930年、フランクフルト夕刊紙で記者としてデビュー
1933年、ナチス迫害を逃れ、ドイツからイギリスへ移住
1937年、ドリスシュミットと結婚、後に4人の子供をもうける
1937年、アメリカに移住
1939年、処女作「経済人の終わり」出版
1942年、ベニントン大学教授
1946年、GM研究の成果「会社という概念」出版、分権制を提唱
1949年、ニューヨーク大学教授
1950年、GM CEOチャールズ・ウィルソンと協力しGMの企業年金基金創設
1954年、「現代の経営」出版、マネジメントの体系化
1959年、初来日
1963年、「日本は二度目の奇跡を目指す」ハーパーズ・マガジン
1966年、勳三等瑞宝章授与
1969年、「断絶の時代」、民営化
1971年、クレアモント大学へ
1973年、「マネジメント」出版、マネジメント研究の集大成
1976年、「見えざる革命」出版、米国こそ史上初の社会主義国家である。
1985年、「イノベーションと起業家精神」出版
1993年、「ポスト資本主義社会」出版
1999年、「明日を支配するもの」出版、ビジネスの前提が変わった
2000年、「はじめて読むドラッカー」シリーズ
2005年2月、日経新聞、私の履歴書
2005年11月、永眠

関連リンク

ドラッカー学会

主な出典


ドラッカー20世紀を生きて―私の履歴書 (私の履歴書)

旧バージョンで表示 ググる ウィキペる 図書る アマゾる つべる ニコる ヤフオクる 英辞る ツイーターで探す

もしかして

    他の人の「ピーター・ドラッカー」

    S b953c14c80d01b0921279dedf6b9db80

    Future Center/R&D/Knowledge Management/Wiki/EGMフォーラム/読書家/思想家/語り部/探検家/歴史/作家志望/ 時々仮説・持論を独白します。突っ込み歓迎。

    最新

      最新エントリ

        関連ツイート