S 42009c0762cfb4c4b8a05bf07db1ba43 cAMP

環状AMP:小分子細胞仲介物質


基本

・細胞膜に結合したアデニル酸還元酵素によってATPから合成され、cAMPホスホジエステラーゼによってすばやく分解されつづける[cAMP→アデノシン5'-一リン酸]。

機能

・原核および動物細胞すべてで小分子細胞内仲介物質として働く。
・普段の濃度は10^-7M
・濃度は細胞外シグナルによって数秒以内に20倍以上増加する。

合成

・アデニル酸環化酵素(細胞膜に結合している)

分解

・cAMPホスホジエステラーゼ

仲介物質

・cAMPの作用のほとんどは、cAMP依存タンパクキナーゼ[cyclic-amp-dependent protein kinase:PKA:Aキナーゼ]が仲介する。

cAMPの関与する反応例

・アドレナリン→アデニレートシクラーゼ活性→アデニレートシクラーゼ→cAMP合成
・cAMP→タンパクキナーゼ活性化→タンパクキナーゼ→脱リン酸化ホスホリラーゼキナーゼのリン酸化→リン酸化型ホスホリラーゼキナーゼ→ホスホリラーゼbのリン酸化(活性型)→ホスホリラーゼa→グリコーゲンのリン酸化→グルコース7リン酸→Glc

旧バージョンで表示 ググる ウィキペる 図書る アマゾる つべる ニコる ヤフオクる 英辞る ツイーターで探す

もしかして

    他の人の「cAMP」

    S 42009c0762cfb4c4b8a05bf07db1ba43

    (506words)

    最新

      最新エントリ

        関連ツイート