S 42009c0762cfb4c4b8a05bf07db1ba43 神経発生、誘導

初期発生において、神経領域は始めから存在するのではなく、誘導されて初めて形成される。

・神経領域の誘導:anti-BMP因子による"表皮化"の阻害。

・前後神経パターン:いくつかのシグナルの仮想的な濃度勾配で決められる。

・移動の方向付けに関係する因子
1:ephrinとEph
ephrin:リガンド 硬節に発現
Eph:レセプター 
→Neural crest cell(神経冠細胞)はEphrinを避けて進む。
→後部硬節に入ったNeural crestはEphrinを避けるように進み、前部硬節に再侵入する。

2:netrin
化学誘因物質として働く。
交連ニューロンはNetrin量の多い方に向かって伸びる。

3:Robo(Round-About)とslit
Comissural NeuronがRobo(受容体)を発現、Silt(リガンド)を避けて伸長する。

4:semaphorin
神経伸長を阻害する方向に働く。
semaphorinの少ないところに沿って神経が伸長する。
旧バージョンで表示 ググる ウィキペる 図書る アマゾる つべる ニコる ヤフオクる 英辞る ツイーターで探す

もしかして

    他の人の「神経発生、誘導」

    S 42009c0762cfb4c4b8a05bf07db1ba43

    (506words)

    最新

      最新エントリ

        関連ツイート